kariaの日記 @ Alice::Diary

ノリツッコミの鳩子がはてなブログ書いちゃうよ

kariaの日記です。本家サイトはside=2です。Twitter ID:@karia
過去記事へのリンクとかは最下部参照。

2018年4月期アニメの視聴状況

「今期何観てますか?」ないしは「今期何が面白いですか?」というFAQにお答えするための定期エントリ。もう5月も終わりそうなのですがちゃんと書きます。

前期の感想はこちら。

karia.hatenablog.jp

今見返してみると1月期は比較的当たり多かったなぁ。今期は今期で面白いのですが続編とかスピンオフが多くて、もちろん期待には応えてくれているのですがどうしても約束された勝利感が拭えなくてですね。まあ、とりあえず行ってみましょう。

継続中

ウマ娘 プリティーダービー

Anime Japan行ったときにTOHOブースにでかいキービジュアルが出てて、名前から出オチだしタイトルロゴはポップというかコミカルな印象なのに対して、キービジュアルは疾走感とかクールなイメージを全面に出していてタイトルとのギャップが凄く、「これは一体何なんだ……?」ってなったやつ。名前の通り今期のダークホースでした。

最初こそ「なんで徒競走してるの?」「ウイニングライブとは??」という戸惑いと共に観ていたものの、サイレンススズカが故障する回を始めとして史実(ゲームではなく競走馬)が元になってるんですよねっていう事を知るにつれてイロモノ感が薄れてきたような気がします。特にこの記事とか。

ch.nicovideo.jp

とはいえ今でも徒競走感は凄いんですけどね。ウイニングライブは、ここ最近の話数では存在自体忘れられてないか??

ところで原作であるところのソーシャルゲームはいつ始まるんでしょうか。

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン

これ新作か言われると非常に難しいところで、タイトルにソードアート・オンラインって入ってるじゃんと思うんですけどまったくSAOのキャラクターは登場せず別物なんですよね。じゃあ新作じゃんって思うんですけど時雨沢恵一原作でありキャラクター原案黒星紅白であるわけで、あれーどこかで見たような覚えが……?

これ全然内容の感想になってねえな。同時並行でやってるSAO2の再放送がちょうどマザーズ・ロザリオ編に差し掛かって、初見のときは比較的平常心を保てていたのですが今回お酒飲みながら観てたら号泣してました。ユウキが泣くところで無理~ってなる。アリシゼーション編も楽しみですね。

カードキャプターさくら クリアカード編

前期からの継続。2クール目のオープニングって微妙なことが多いじゃないですか、って思うんですけどそこはカードキャプターさくらの意地を見せた。ロケットビートがあまりにも良すぎるんですね。

ロケットビート

ロケットビート

曲もさることながら映像もこれまたすごい、つぼみが開き花びらがこれでもかというほどに舞う美しい映像が完全にMPEG殺しにかかってきます。ありがとうBSプレミアム。受信料ちゃんと払ってます。

本編は本編で徐々に小狼君の出番も増えてきたし突然苺鈴ちゃんが押しかけてきたりと順調な感じです。近年多い1クール前提の詰め込み型ではなく、2クールは最低でもありますよねっていう非常に丁寧なお話作りで良いと思うのですが、しかしこれは一体何クールなんですか?

あまんちゅ!~あどばんす~

今更あまんちゅについて何を書けというのだ。ARIA全話を完璧に視聴しているであろう読者の皆様におかれましては今更感あふれるわけでございます。2期に入り完全にARIA後期の王道パターンを踏襲しつつある感じで話数を積めば積むほど優勝感が増してきているのですが、7話に来てそのテンプレートを壊しにかかってきたので人生何が起こるかわからないものです。やっぱりアニメは7話まで見ないと何が起こるかわからないな!(帰宅部活動記録のことを思い出しながら)

あと驚いたことといえば、鈴木みのりがこれのOPとCCさくらEDで両A面だったこととかですかね。フライングドッグ大変そう。

Crosswalk/リワインド (あまんちゅ! 盤)

Crosswalk/リワインド (あまんちゅ! 盤)

シュタインズ・ゲート ゼロ

前期のアニメ観ててゲームやっていないので比較的まっさらな気持ちで続編、いや分岐別ルートとして楽しめる感じ。1話時点ではオカリンが普通すぎると思ったけど逆に他のキャラが平常運転すぎた。

1話以上見た

Animetickに記録付けてるのでそっち見れば全部わかるといえばわかるのですが、UIがなかなか親切とは言えずでしてね。

わかば*ガールが作中に登場したと聞き「そこまでは観ないと」と思っているのですがまだ1話止まり。今期のきらら枠(来期はフォワードの「はるかなレシーブ」が放送予定)

鬼灯の冷徹ポプテピピック鬼灯の冷徹というテンションの上げ下げが激しい土曜深夜キング枠。そういえば誰もポプテピの話しなくなったな。

こうしてみると1話時点で観ていた作品数は多い。切ったわけではなく優先度の問題で置いておかれているのです(と毎クール思っています)。

ほかに時間を消費しているコンテンツ類

なぜ積み作品が増えてしまうのか。それは簡単な話で他のコンテンツに時間を消費しているからです。ここではツイートとともに振り返ってみましょう。

こっちに書いた。

filmarks.com

このあと2回見たけど結局みぞれに肩入れしてしまって、のぞみの気持ちにはなれなかったんだよなー。テレビ版(2期)の前半も見返したんだけど、やっぱりみぞれの物語なんだよな。

イロドリミドリの2ndライブ開催めでたい。

あと3月頭にコラボキャンペーンをやったノラと皇女と野良猫ハートの「ネ!コ!」が、名曲かつ絶妙な難易度なのでついプレイしてしまうのよね。CHUNITHM入曲直前にアニメを全部見て、その結果ゲームも1+2全部やった。そりゃ新作アニメ見る時間なくなるわな。

ついでに言うとノラと皇女と野良猫ラジオも最後の方しか聞けなかったけどお気に入り。

hibiki-radio.jp

パーソナリティが種崎敦美山岡ゆり、どこかで聞いたような組み合わせですね、もうちょっと具体的に言うとのぞみと優子ですね。しかしこのラジオでは何故か2人でオリジナルのラップ曲を完成させます。なぜラップ。しかも種パイのラップが滅茶苦茶上手い。最終回でまだ聞けるはずなので聞ける人は聞いておこう。

  • オンゲキおためしプレイ

2クレだけやった(ただし1時間待った)。

レバー+3ボタンという筐体でそこまで馴染めるのかなぁという不安があったのですが実際プレイしてみたら割とチュウニズムシステムを踏襲していることもあってかすんなり馴染めました。難があるとすれば回転率の悪さと情報量の多さ(カードは一体いつ出していつ使えばいいの?とか)でしょうか。

突然2013年のアニメ。どうしてこうなったんだっけ、確かプリンセス・プリンシパルのイベントに行って、続編めでたいねってなって、そういえば司会やってた大地葉恋愛ラボにも出てたじゃんってなって、それで全話見返したんだったっけ。感想としては「ここで終わるのかよ伏線拾ってくれよ」って感じでした。

プリプリの司会はもう1人いて飯田友子だったんですが、これも2013年の作品「あいうら」の岩沢彩生ちゃんです。あいうらもうっかりアニメ全部(ただし30分で観られる)と原作全部(卒業までやる)を読み返したりしてた。

先週末ぐらいに「積み漫画を消費しまくるぞ!」ということで、アニメを見てからずっと積んでいた原作計13巻分にやっと手を出しはじめました。現状やっと薗部が出てきたところです(アニメと異なり原作での登場は結構遅い)。

あとBD特典の三者三省(ニコ生の反省コーナー)を片っ端から観てる。樋口野口福澤諭吉はまじでひどい。これもプリプリつながりで今村彩夏が出ています。

プリンセス・プリンシパル STAGE OF MISSION [Blu-ray]

プリンセス・プリンシパル STAGE OF MISSION [Blu-ray]

あれ、今期の感想よりそれ以外の方が長くないか?

東北に雑な旅行に行った話(その1・福島編)

去年7月末にまとまったお休みがありまして、18きっぷシーズンにこれだけまとまった休みがあるのは珍しいなーと思ったので雑な旅行に出ました。

主目的のはっきりしない散漫とした旅行のことを「雑な旅行」と呼んでいるのですが、実態としてはだいたい複数の副目的を束ねて1個の旅行にまとめ上げる感じです。なので「何しに(何を主目的に)旅行に行ったの?」みたいに聞かれるとちょっと困ります。最近だとだいたい未乗区間乗りつぶしと、鉄道むすめスタンプラリーの収集と、駅メモの新駅収集という3大副目的がついてまわります。

ekimemo.com

でも、駅メモの「ため」に旅行をしているわけではないので、あくまで副目的です。今回の主目的って何だろうって考えて見ると、東北の沿岸のいまを直接この目で見たかった、というのが大きかったと思います。元々リアスシーライナーには乗ってみたいなと思っていたのですが、途中がBRT区間になってしまってそれは叶わないだろうなという思いもあり。

そしていきなりの雑行動がはじまります。早起きには弱いので夜出発です。

0日目・1日目

20170723_145642737_iOS

関東を抜けて福島入りする区間まではもう何度も乗っていますので、いっそ夜行バスでショートカットしてしまってはどうだろうと考え高速バスを検索したところ、郡山までの夜行バスが4200円と安くてかつ空いていたのでした。学生の頃の貧乏旅行癖が未だに抜けていません。

※ここから先、しばらく画像が続きます。スマートフォンRSSリーダーでは重い場合があるのでご注意を。トップページ等からお読みの方は「続きを読む」へどうぞ。

続きを読む

2018年1月期アニメの視聴状況

個人的に「冬アニメ」とか「春アニメ」みたいな表記が馴染めなくて、1月新番とか4月新番と言ってくれたほうがわかりやすいのになーと思っている今日この頃。だって「2018年冬」ってそれ1月なのか12月なのか特定できないじゃん?12月スタートのアニメなんてほとんど無いけどさ。

そんなことはともかく、3年ぶりにちゃんと視聴状況のメモをまとめます。Twitterに書くのと Animetick に視聴記録をメモるので満足した気になっていたけど、そんなことはなかった。あとこれはテレビアニメの視聴状況であって映画の視聴記録のほうは Filmarksのアカウント にあります(ダイレクト宣伝)。

継続する

今期一番間違いなく面白くて安定していて間違いないがないといったらそりゃカードキャプターさくらでしょう。課題があるとしたら日曜朝7:30という放送時間だ。土曜夜は魔法使いの嫁があるので2時まで起きてるんだよね。いっそ昔のように朝7:30までほとんど途切れなく続けば良いのですが、2時以降微妙に観る番組がない。

原作既読。名前の通りスロウな(入学式スタートで、5巻時点で1年生の夏休みが終わったばかり)原作に反してアニメの宣伝はやたら前倒しモード。先行上映会にも行ったのですが、原作からして2話が本当のスタートという感じだったしアニメの方もとりあえず2話まで観ないと何とも言えないかなという感想を抱いて終わりました。

ストーリーはごちうさの時と同様にかなり再編集されてる感じ。一番上手かったのは4話の万年さん回かな。2巻に収録されている、きらら作品らしからぬ榎並先生回をどうするのかが個人的に気になるところ。

ne! ne! ne!(初回仕様限定盤)

ne! ne! ne!(初回仕様限定盤)

オープニングは例によって実写MVなのでとりあえず買った。

こちらも原作既読だけど1周しかしてないので若干展開を思い出しながら観てる。たぶん今期どれか1つ人に勧めるとしたらこれを勧めると思う。あと大変珍しいJR東海協力アニメ。

1~2クールに1話はある小学生は最高だぜ枠。1話のころは面白かったんだけど5話まで来てダイジェスト感が増してきててアレってなっているところ。そりゃ題材が将棋だから本気で対局を全部見せるわけにもいかない(30分ではとても収まりきらない)けどさ、原作で補完しろ感がここまで強いとどうなんだろうって。まあ続きの展開気になっちゃうし、ちゃんりなが最高だし観るけどさー。

完全にウゴウゴルーガNHK教育などの教育番組を思い出しながら観てる感じです。

どうみてもたなくじ。

これ継続枠に入れるかどうか迷った。タイトルからして「また異世界ものか!」って感じだし、デスマーチなの1話だけだし。でもこの手の作品にありがちな超展開が抑えめというか、作りが丁寧というか、さすが大沼監督作品だなーという気がいたします。きっと順当にハーレムエンドなんだろうなって思いながらつい観てしまいます。

1話以上見た

年末年始にCMでガンガン流してたPVはめちゃくちゃ良い雰囲気だったんだよねー。たぶんこれ↓を15秒か30秒に再編集したものだと思うのですが。


アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』PV第4弾

でも実際観てみるとPVの曲が1話で使われないし、3話まで観て「本当にこれ面白くなるんだろうか……」と思いつつある。

JUDY AND MARYのカバー?マジ?これ東宝だよね??」ってなった。ジュディマリ声優カバーは本家ソニーミュージック(というかアニプレ)がBD特典でやってたんだけど全然目立ってなくて、PV公開直後にフルバージョンを配信してくれるこっちの方が上手いねというお気持ち。

このあたりは気が向いたら続き観ると思う。小泉さんは非常に惜しくて、ゆるキャン△のほうがラーメンが美味しそうなんだよね。

これから

↑に挙げてないものはだいたいまだ見てないやつです。ちょっとラノベの消化で忙しくてこれ以上チェックしきれないかもしれない。

前期からの継続

今期もド安定の種崎敦美枠。原作買ったんだけどアニメ終わってから読もうと思って積んでます。