読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kariaの日記 @ Alice::Diary

フフーン、ノリツッコミの鳩子がはてなブログ書いちゃうよー

kariaの日記です。本家サイトはside=2です。Twitter ID:@karia
過去記事へのリンクとかは最下部参照。

Qrio Smart Tagが電池食いすぎな件

tech

Qrio Smart Tagが届きました。注文したのを完全に忘れていたので届いてビックリしたのですが、早速自宅のカギに取り付けた上で、スマホアプリをダウンロードして使ってみることにしました。

が、結論から言うと「メインで利用しているスマートフォンに入れるべきアプリではなかった」です。サブとして使っているMi Maxの方にアプリを入れ直し、メインのスマートフォンで使っていたiPhone7からは削除しました。理由として大きいのは2つ。

タグとのペアリングが解除された時のpush通知が来すぎる

Qrio Smrt Tagと所定のアプリをインストールしたスマートフォンのペアリングが切れると、そのスマートフォンにpush通知が届きます。

f:id:karia:20161205023143p:plain

これ自体は期待した動作で、たとえばカギを落としたまま気付かずに移動してしまったり、カギを持たないままスマートフォンだけ持って家の外に出てしまったりした場合に有効です。

なのですが、あまりにもpush通知が来すぎです。具体的には、家や職場でSmart TagとiPhone7を数m以内に置いている環境であっても日に数十回通知が来ます。再度ペアリングに成功すると自動的にpush通知が消えるため都度push通知を消すような手間はないのですが、さすがに通知が来すぎてウザすぎたというのが正直なところです。

push通知の来る頻度から察するに、ペアリングが切れてから割とすぐ(もしくは即時)push通知を送るような動作になってしまっているように思えます。「5分以上ペアリング切断が継続した場合」とか閾値オプションで選べればまだpush通知の頻度が減らせてマシな気もするのですが、今度は閾値をどこに設定するかという問題になりそうです。

スマートフォン側の電池を食いすぎる

これは画像を見ていただければ一目瞭然です。

f:id:karia:20161205022543p:plain

SlackやChromeは通常に立ち上げて利用していて20%台なのに対し、Qrio Smart Tagのアプリはほぼバックグラウンド動作のみで15%も持って行っています。さすがにこのレベルで電池消費を持って行かれると、買ってからまもないiPhone7ですら1日もたないレベルになりつつあり、正直割と困るレベルの電池消費でした。

ここまで電池消費が激しい原因は、Smart Tagの現在位置情報を定期的にサーバーへ送信するため位置情報を取得しているのですが、その取得頻度が高すぎるような気がします。というか、Mi Maxにおける挙動を観察しているとほぼずっと測位しっぱなしのレベルに思えます。「どこでSmart Tagを無くしたか正確に把握したい!」みたいなニーズがあるんでしょうか。

まとめ

どうしてもカギを無くすのが怖い!という人なら買ってもいいと思いますが、爆発しない予備バッテリーを持ち歩くようにしましょう。