読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kariaの日記 @ Alice::Diary

フフーン、ノリツッコミの鳩子がはてなブログ書いちゃうよー

kariaの日記です。本家サイトはside=2です。Twitter ID:@karia
過去記事へのリンクとかは最下部参照。

時報を鳴らして生活リズムを改善させる試み

diary tech

インターネットが初めて家にやってきたころはテレホマン全盛期でして、時計を睨みながら23時になった瞬間ダイヤルアップ接続をする……みたいな日常がありました。夜更かしをするようになったのはこの頃からです。

24時間常時接続の時代になってからは昼夜問わずインターネットができるようになったにも関わらず、Wikipediaを読んでいるうちに気がついたら3時……みたいなことが多発。全く夜更かし癖が直る雰囲気はありません。この生活リズムを改善させるには、どうすれば良いでしょうか?

考えてみれば、問題なのは「気がついたら」遅い時間だったというところ。時間を忘れ延々のめり込む状態を防止するために、遅い時間であることに気が付かせればよいのです。そのためには、何らかの手段で定期的に時間をプッシュ通知してあげればよいでしょう。そうだ、時報だ!

ということで、身の回りでお手軽に鳴らせる時報をいろいろ取り上げてみます。ここで重要なのは、「ウザくない」という点。ニコニコ動画を利用したことがある方なら、ニコ割の存在を思うと「ウザくない」というのがいかに大事か分かるかと思います。あくまでさりげなく鳴らしたいのです。ということで、設定のお手軽さと「ウザくない度」で3段階評価してみました。

Windowsの場合

  • お手軽度:★
  • ウザくない度:★★★

Windows用のタスクバー改造ソフトとしてお馴染みのTclockに時報機能があります。任意のサウンドファイルを鳴らすことが出来るのに加え、タスクバーの時計部分を点滅させることも可能。

任意のサウンドを鳴らせるというのがとてもポイントが高く、自分の場合は適当なサウンドトラックからアイキャッチ音を持ってきて鳴らしていました。1時間毎に鳴ってもウザくないように適度な短さ、かつ耳障りの良い曲を選ぶのがポイント。

問題は派生版が多すぎて更新を追いかけるのが面倒というところでしょうか。Windows7にしたあたりで利用していたバージョンが正常に動かなくなって、追いかけるのをやめてしまいました。そもそもWindows8になるとタスクバーの時代ではないですしね。

MacOSXの場合

  • お手軽度:★★★
  • ウザくない度:★

MacOSXには標準で時報機能があり、1時間毎に機械音声で時刻を読み上げてくれます。音声はデフォルトだと英語ですが日本人の音声もダウンロードすることが可能。設定方法はLifehackerの記事などを参照してください。

ただ、任意のサウンドファイルを指定することはできないですし、日本人の音声もちょっとぎこちない感じなのでずっと鳴らしているとかなりウザさが高まってきます。試してみましたが2日で飽きました。Apple社には時報ボイスの音声担当として阿澄佳奈の起用を強く要請したいところです。

Twitterの場合

  • お手軽度:★★★
  • ウザくない度:★★

何も時刻を音声で読み上げるのだけが時報ではありません。Twitterにも時報botや毎正時につぶやくbotがいるので、これらをfollowすることでTwitterを利用しながら真っ当な世の中の時間の使い方を知ることができます。

たとえば、ついうっかりお昼過ぎまで寝てしまい、遅い昼ご飯を食べたあと「お昼遅かったし夕飯は遅い時間でもいいかな…」などと思いながらだらだらしつつ迎えた18時。Twitterを眺めていると、botからこのような発言が流れてきます。

一瞬で「えっ、もう夕飯の時間!?今日何もしてないぞ??」と我に返ることが出来ました。こうかはばつぐんだ!

欠点としては、followした直後は比較的楽しいのですが、想像以上に飽きるのは早いです。あと、当然ながらTwitterを見ていない時は時間を教えてくれません。Twitter中毒以外の方には全く効果がないので注意が必要です。

Androidの場合

  • お手軽度:★★
  • ウザくない度:★★★(アプリによる)

ちょっと前に美人時計なるものが流行りましたが、最近はギャルゲ販促用としてもスマホ向け着せ替え時計アプリを配布するのが流行っているようです。

時刻の読み上げ間隔を調整することができるアプリであれば、間隔を長めにすれば放置してもウザくない程度に時刻をお知らせしてくれます。時間帯によってセリフが変わったり誕生日メッセージを読んでくれたりもするみたいですね。

手元のスマホでこの手のアプリを起動しっぱなしにするわけにはいかないので、機種変や乞食行為などで余ったスマホタブレットにインストールして、時報専用端末として活用しましょう。

もちろん、ウザくならないようにキャラクター選びは重要です。

僕は月嶋夕莉ちゃん!

おまけ

時報を鳴らすことで、一体どの程度生活が改善されたのか?という声もあることでしょう。効果については一切保証いたしませんし、この記事が書かれているのは午前5時です。

こちらからは以上です。