読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kariaの日記 @ Alice::Diary

フフーン、ノリツッコミの鳩子がはてなブログ書いちゃうよー

kariaの日記です。本家サイトはside=2です。Twitter ID:@karia
過去記事へのリンクとかは最下部参照。

けいおん!の歌に感じる違和感

anime

なんかすっごい違和感があってなんなんだろうなーと思ってたんだけど、端的に言うと「歌詞に中二病感が足りない」。

どれも曲はいいんですよ曲は。ソースはWikipediaになりますけど、声優さんのボーカルとオルガンのパートを抜いたら普通にかっこいいハードロック風のポップパンクってマーティ・フリードマンも言ってますし。

最初にそう思ったのはDon't say "lazy"を聴いたあたりで、歌詞の内容が基本的に前向き*1かつ題材が身近で、なんか曲調と合ってないなっていう印象を持ちました。といっても歌詞と曲調の合わせ方にルールがあるわけではないのでこれはどう考えても個人的な印象なわけで。曲調的にもっと後ろ向きというか、中二病感あふれる感じの歌詞の方が合うんじゃないかなーとか勝手に思うんだけど、それって単に今までそういう中二病的な曲ばかり聴いてきたのでそう思うだけなんじゃないのかなって考えてみたり。

放課後ティータイム収録曲の歌詞とか見ると、どうも意図的に歌詞作りしてる感じがするんですよね。題材が文房具とかメシとか、高校生こんなガキじゃないだろって感じの題材なんですけど、そもそも漫画/アニメがほのぼのな作風を目指している以上仕方がないのかなー。でもDon't say "lazy"の映像見るとヴィジュアル系か何かのPV目指した感じするしさー。あれはED映像に京アニ本気出し過ぎってことなんですかね。割と恒例ですけども。

とかそんなことをニコニコでMALICE MIZARのPVを見ながら思った。ヴェル・エールとかやべえなかっこいいな。ああ、やっぱり俺個人の感じ方の問題な気がしてきた。

*1:そこまで前向きって感じでもないかも。最初の印象というか。