kariaの日記 @ Alice::Diary

ノリツッコミの鳩子がはてなブログ書いちゃうよ

kariaの日記です。本家サイトはside=2です。Twitter ID:@karia
過去記事へのリンクとかは最下部参照。

Flickrが終わる日(永遠に続くWebサービスなんて無いという話)

今までデジカメやケータイやスマホで撮り溜めてきた写真をどこにアーカイブしておくかって結構重要な課題でして、膨大な量の画像ファイルを破損・劣化なく確実に保管しておかなくてはならないし、アルバムとして定期的に見返したいという需要もあるわけです。何のために写真撮ってるかって話でして、もしかしたら撮ることだけが楽しいという人もいるのでしょうけど、私の場合は「あとで見返したいから撮る」なわけです。

んで、長いことFlickrに課金してるんですけども。

www.flickr.com

FlickrWindows向けのアップローダーを常駐させておくと特定フォルダの画像を勝手にアップロードしてくれるので、iPhoneおよびAndroidのクライアントからOneDriveに自動アップロードさせるようにした上で、Windows PCのFlickrアップローダーでOneDriveのフォルダをウォッチするように設定しておけばほぼ全自動で撮った写真がアップロードしてくれていたんですね。パケット使用量があれなのでWi-Fi接続時しかアップロードしない設定にしてるとか、Windows PCが起動してるときしかアップロードしてくれないとか制約はあるにしろ、人手が介在せずアップロードを自動でしてくれるというのは大変楽なのでありました。少なくともSDカードをPCに挿してドラッグ&ドロップとかしていた時代に比べれば圧倒的に楽。

ところで、iOS11から画像の保存形式がHEIF(HEIC)になりました。

HEIFに対応していないアプリの場合はOS側で自動的にJPEGに変換される仕様だったので、しばらくはWindowsへ接続するとJPEGで見えるし、OneDriveアプリもJPEG形式でアップロードしてくるといった具合で特段使い勝手に変わりはありませんでした。オリジナルのHEIFファイルを取り出そうとするとMacに接続する必要があるのが面倒でしたが。

しかしWIndows側・アプリ側のHEIF対応状況が整ってくると話は変わってきます。すでにWindows10はアップデートでHEIFに対応しているし、WindowsiPhoneを接続するとHEIFで見えるようになっています。OneDriveアプリもアップロード時にHEIFのままアップロードするオプションが選べるようになりました(というかそちらが推奨になりました)。

f:id:karia:20181015010800p:plain

これが何故表題の話に繋がるのかというと、WindowsFlickrアップローダーはHEIFに対応していません。OneDrive経由でやってきた拡張子が.heicのファイルは無視されます。Windowsアップローダーがやる気がないだけかというわけではないようで、Webのアップローダーに投げ込んでみたところ見事にFailedになりましたし、公式に対応したという情報はありません。画像ファイル形式側にパラダイムシフトが来てしまって旧来のWebサービスでは対応できないという状態なのですが、iOS11が公開されてからもう1年が経過しているわけで、ちょっと情けない話です。

もしかして公式のiOSアプリなら対応しているのではないか(少なくともJPEGには変換してくれるのでは)と思われるかもしれませんが、そもそもの話としてFlickrは米Yahoo!のサービスなので、 日本のAppStoreではインストールすることができません。 当初から無理して使ってる状態だったんですよね(日米ヤフーの違いとか一般ユーザーに取っては「知らんがな」って話で、サービス側に無理がある状態とも言える)。

というわけで、だましだまし使っていたFlickrもついに終わりのときが来たかなという感触です。OneDriveは課金してるわけではないので定期的に古くなった画像ファイルを削除していますし、代替になりそうなGoogleフォトはオリジナル画像を無制限にアップロードすることは出来ません(縮小されることを許容すれば無制限)。ジオシティーズはてなダイアリーも終わっちゃうし、永遠に続くWebサービスなんて無いんだよな。

追記

記事公開後に、つい最近Flickr公式アプリが日本のApp Storeでもダウンロードできるようになったと教わりました。

Flickr

Flickr

  • Yahoo
  • 写真/ビデオ
  • 無料

lab.hendigi.com

Auto Uploader機能もあり。HEIFかJPEGかを選択するオプションはありませんが(JPEG変換後にアップロードされてそうな雰囲気がある、少なくともWebからHEIFでダウンロードできるわけではない)、アルバム用としてはとりあえずこれでいいかなぁ。

きょうのオンゲキ(ブログ版)20180820

前回:

karia.hatenablog.jp

きょうのオンゲキ(8月20日分)

8クレ22曲消化(クレジット数と曲数の関係については前回記事参照)。

20180820_125745605_iOS

バネの重さとスイッチの状態が台に表示されるようになりました。なるほどね。

20180820_125806859_iOS

ついにしゅわしゅわMASTER成功です。昨日あんなに出来なかったのに、今日やってみたら突然MISSとHITが3割ぐらい減ってすんなりランクS取れちゃうのね。まあ、音ゲーやってるとこういうことたまによくありますね。しゅわしゅわ。

昨日「Lv50台が1人いればなんとか勝てるんじゃないでしょうか」と書いていたchapter6の副会長Lv40が強すぎ問題は、結局Lv50が2人+Lv49が1人のデッキで凄いギリギリ撃破できたという結果になりました。テクニカルスコア99万点台で何とかOVER DAMEGE 4%という本当にギリギリの結果。さすがにかなりヒヤヒヤしました。

20180820_132640354_iOS

これ、根底にある問題として初期のキャラクター育成をちょっと間違っていて、ノーマルのキャラをLv50まで育てるのはその後の効率が悪いんですよね。何故かというとLV上限をUPする手段が容易ではないから(というかゲーム画面上では確認できず、どうやら親密度が上がるとLv上限も上がるらしいという攻略Wiki情報ぐらいしかない)。今回のようにLv50でもかろうじて勝てるみたいな状況が出てくるとすると、Lv50以上のキャラを3人揃えて行く方針になるわけで、Lv50上限のカードはもう用済み感が出てきます。

もっと早く気付いていれば、ジュエルを集めることでLv上限がUPできることが明確になっているR・SRキャラを早期に育成する方針に切り替えているはずでした。知らなかったとはいえちょっと勿体ないことしたな。

というわけで現在解禁されているchapter6まで全て終わってしまいました。この状態に辿り着くと、

  • 曲のスコアを詰める
  • キャラ(カード)を育てる
  • 上記の過程でジュエルを溜め、SRカードを手に入れる(12人分?) or 未解禁曲を解禁する(chapter2とchapter6に合計3曲ほど残あり)

このあたりを地道にやっていきつつ次のchapter解禁を待つことになるわけですけれども、一応こういうのがあります。

20180820_141711151_iOS

……の前、に我々が想像するオンゲキを一度振り返って見ましょう。そうそう、こういうやつ。かわいい。

20180820_132732943_iOS

そしてこれがchapter6のあとに表示されるエンドチャプターのオンゲキ。 お前誰よ?ていうか絵面怖くね??

言われてみれば、バトル時にしれっと登場したオンゲキネコについて説明を受けたような記憶はありません(chapter1あたりにいたっけ??)。こいつらが対戦相手となるのがエンドチャプターのようなのですが、残りGPが少なかったこともありひとまず回避して予定通りSRカード収集に走ります。

20180820_141716579_iOS

シメにタテマエと本心の大乱闘をもう1回やって終了。この曲Lv12のはずなんですけど、他のLv12曲よりかははるかにやりやすくて助かってるんですが、おかげで他のLv12・13曲をやったときRATING降下がが目立っていて気になるところ。きょうはギリギリRATING12に届かずRATING11.98で終了しました。曲選びによっては次回RATING12に突入するだろうけど、苦手な曲はとことん苦手だし(特に左右同時押しがある譜面)、しばらく12台前半でウロウロしそう。

※「きょうのオンゲキ」欄は、明日・明後日は休載致します。

きょうのオンゲキ(ブログ版)20180819

これまでのあらすじ

Twitterにこんな感じで毎日「きょうのオンゲキ」を書くようになりました。

なんで書いてるのかというと、RATINGの伸びがどの程度なのかとか、どの曲のどの難易度がいつできるようになったかとか記録したかったんですよね。プレイ中の画像は意識して投げるようにしていたのですが、1日の終わりにまとめを投げると割といい感じに振り返ることが出来ました。

んで、8月18日の「きょうのオンゲキ」はいつもより早く夕方ぐらいに書いたのですが、結局その後も日付変更近くまで再度粘った結果、RATING11を越えました。

20180818_125009669_iOS

だんだん書くことが増えてきて長くなってきたので今日はブログに書きます。

きょうのオンゲキ(8月19日分)

ついに300円投入できる店舗を見つけてしまいました。

20180819_112856263_iOS

オンゲキはGP制といって、100円投入すると90GPを購入することができ、1曲遊ぶと40GP消費される仕組みになっています。これだと2曲しか遊べず更に10GP余る結果になるのですが、200円で220GP(5曲+20GP)、300円で360GP(9曲)という、まとめてGPを購入するとお得な設定が存在しています。この設定の影響で、稼働前に秋葉原と新宿で実施された「おためしプレイ会」で皆300円投入するため全然台が空かないという事象が発生していました。そりゃGP余らせたくないし、300円9曲なら実質100円3曲だから既存の音ゲーと単価変わらないしね。

本稼働にあたっては200円までしか一度に購入できない設定にする店舗が大半だったのですが、少し時間が経ったせいなのか元々なのか、店舗によって設定が異なる様になりました。

  • 200円220GPまでしか選べず、追加購入はできない(20GP余った状態で次の曲を選ぼうとするとゲームが強制終了し、余り20GPはマニーという通貨に変換される)
  • 200円220GPまでしか選べないが、追加購入が出来る(20GP余った状態で次の200円を投入すると端数が合算され240GPになる)
  • 300円360GPが選択でき、かつ追加購入できる

今日見つけたのは一番下の設定になっている店舗でした。しかも電子マネーに対応している(←これである程度店舗を特定できる人がいそう)。やっと100円玉を大量に両替する必要がなくなりました。

というわけで300円9曲×3回=27曲遊んできました。その後別の店舗で200円5曲×2回=10曲追加でプレイしたので結局37曲やった計算に。

20180819_131245205_iOS

RATINGは11.51→11.73に。MASTERのレベル11~12の曲を中心にやるようになってCHUNITHMとほとんど変わらなくなってきました。ただ曲によっては何回やってもSが取れないので少し伸び悩んでいるかもしれない。オンゲキ曲はS取りやすいんだけど、バンドリ曲はちょっと譜面の傾向が違うんだよなぁ。全然しゅわしゅわできません。

しゅわりん☆どり〜みん

しゅわりん☆どり〜みん

進捗としてはchapter6をやっていっているのですが、副会長のLv40が強すぎて全然勝てません。こちら側のデッキはLv49・Lv49・Lv46で挑んでも勝てない。ここはキャラ育成を適当にやってきたツケが来ていて、結城莉玖Rの上限をLv60まで上げてひたすらレベル上げをしているという状況です。ついでに他のRカードも軒並みLv上限を60にアップしておいた。Lv50台が1人いればなんとか勝てるんじゃないでしょうか。その間にジュエルも溜まっていくし自然とchapter6突破できそう。

現時点で公開されているのがchapter6までのはずなので、突破したらSRカード取りに行くかなぁという感じです。SR取る頃にはRATING13行ってそうな気がするね。そうそう、今日ブツメツビーターズに初めて手を出しました。藍原椿曲は「タテマエと本心の大乱闘」といいすごい中毒性が高い。ブツメーターズは結果ボロボロだったけど、CHUNITHMのレベル13曲よりはできそうな気がする。しばらく詰めてみます。僕もタテマエと本心の大乱闘してほしい。