kariaの日記 @ Alice::Diary

ノリツッコミの鳩子がはてなブログ書いちゃうよ

kariaの日記です。本家サイトはside=2です。Twitter ID:@karia
過去記事へのリンクとかは最下部参照。

まいてつカメラがちゃんとARカメラしてた話

スマホ以外のゲーム(主にWindows向け)の販促用アプリとして、一時期スマホ時計アプリが量産されていた時期があったように記憶しています。キャラクターの立ち絵を再利用するだけでサクッと作れるんでしょうけど、時計アプリの難点というか宿命として、当たり前の話なのですが常に起動し続けていなくてはなりません。今ではGoogle HomeかAlexaに「いま何時?」と聞けば画面を見ずとも時刻を知ることができる時代。スマホの画面と電池を占有し続ける時計アプリをわざわざ入れてくれるユーザーもそう居ないでしょう。

そんな最近、まいてつカメラの存在を知りました。

まいてつカメラ

まいてつカメラ

  • CLEARBLUE COMMUNICATIONS, Inc.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

なるほどカメラアプリ。この手のキャラクター系無料カメラアプリといえば、2016年にリリースされた「はいふりカメラ」が印象深いところですね。 今でもフレームの新規追加が行われており 、どんな写真でもフレームにキャラクターが写り込むというSNS時代にふさわしい画期的なアプリでした。

haifuri_20160608_213103

そう、どんな写真でもね。

※未成年者の飲酒は法律で禁じられています

アプリの作り自体はキャラクター画像を上から合成するだけという極めてシンプルなもので、内蔵のカメラ機能もシンプルというか、単にフレームを選んで撮るだけでした。

さて、まいてつカメラはどうでしょう。

20180624_085046235_iOS

これ、ちゃんと地面を認識した上で、そこにキャラクターが立つように出来ています。Twitterの発言によるとARKitを使っているそうで(確かにiOS版しか出ていません)、なるほどよく出来てる。駅のホームで撮ると割とそれっぽい絵になりますね。ここには蒸気機関車気動車も来ませんけど、ARの時代が来た感があります。

20180624_074249326_iOS

カメラとして写真を撮るだけなく、コミュニケーション機能として何故か石炭を投げる機能が搭載されています。完全にPokemon GOを思い出す絵面ですが、決してハチロク(コンシューマー版のCV:種崎敦美)がゲットできるわけではありません。ゲームのシナリオ知ってると何故石炭なのかはわかるといえばわかるのですが、やっぱり見た目はシュールですね。石炭じゃなくてパンやケーキだったとしても投げるのはシュールだと思う。

難点としては、地面の認識がそこそこシビアなので撮影に時間がかかってしまうのと、はいふりカメラのような汎用性はありません。はいふりカメラの汎用性がありすぎたという説もありますが。

20180624_084756322_iOS

どうしても面白カットを撮りたくなってしまうのですが、出来たことといえば高架上から地面を認識させて建物並の巨大ハチロクを生成する程度でした。地面以外にも周辺のオブジェクト(建物や道路)の大きさをうまく検出しないといけないので、間違えやすそうな構図ではあります。

いっそウルトラマンとかゴジラでARカメラが出たら面白そう。ARで札幌の時計台とか踏み潰してガッカリしてもらいましょう。

2018年7月期のアニメ視聴状況をメモするはずがBLITZ INDEXのオープニングの雄叫びのことを調べていた

3ヶ月ごと恒例のTVアニメ視聴メモのお時間です。えっと、タイトルはさておき先に今期の個人的まとめを書いておくと「割と主要な作品が未着手」です。

前期の様子:

karia.hatenablog.jp

未視聴だけどこれから見たい

というわけで、今回はいつもと違って「まだ観てないけど観るつもり」の作品から先に挙げていきます。

すのはら荘の管理人さん

宮本侑芽ちゃんが出ているので必須科目。「それを言ったらお前……」というツッコミが入りそうですが徐々に頑張ってるので勘弁してください。ロクでなし魔術講師と禁忌教典をまだ6話まで消化したところなんです。

少女☆歌劇 レヴュースタァライト

去年11月のP's LIVEで見た時は正直そんな興味なかったけど、観た人には評判良いっぽいのでちょっと気になってる。

ちおちゃんの通学路

AnimeJapanで通りすがりにブースイベント見かけて気になってたのでした。今季の大地葉枠。

はねバド!

なんとなく1話から順番に見なくてはと思って1話をリアルタイムで見逃してしまってそのままズルズル。

継続の可能性が高い

ここまではまだ 1話すら視聴できてない 作品で、ここから下がやっと今期1話以上観た作品群です。本当に主要どころを抑えてなさ過ぎる気がする。なんでだろう。いやー1話はけっこう頑張って抑えてる方なんですけどね、今期。

ハイスコアガール

そりゃこれは観るだろって感じはするんですけど、母親役が新井里美(自由すぎ)とか、一瞬本編なのかどうかわからなくなるCMとか、SNKというセリフが出るたびにいちいち実況民が反応したりとか、ネタに尽きないですね。

はるかなレシーブ

今期きららフォワード枠。

なんと先行上映イベントに行っております。そりゃ種パイこと種崎敦美が来るとなったら行きますわ(といっても1話出ない)。お話は普通にスポ根なんですけど、写真をご覧頂ければ分かる通りビーチバレーという題材の性質上全話が水着回でして、あとはご想像にお任せいたします。音楽に関しては間違いなく今期イチだと思います。

ISLAND

今期の阿澄佳奈田村ゆかり枠。フロントウイング作品はグリザイアシリーズが良かったので期待値高い。

ほか1話以上観た作品

  • ハッピーシュガーライフ

このタイトルで内容が幼女誘拐監禁というなかなか悪趣味な金曜深夜枠。割と継続意欲はあるんだけど2話以降の放送時間がはるかなレシーブと若干被ってるんだよな。

これも金曜深夜枠だ(ハッピーシュガーライフ直後のアニメイズムB2枠)。そもそも金曜深夜は、

ハイスコアガール→バーチャルバズトークロード オブ ヴァーミリオン信長の忍びはるかなレシーブ(ここまでMX)→(ここからTBS)ハッピーシュガーライフ→ぐらんぶる→Oh!ベイスターズ→BLITZ INDEX

……とだらだら観てしまうので、いつも気が付いたら3時越えです。ちなみに冬になるとOh!ベイスターズがなくなるのでちょっと早まる。BLITZ INDEXの雄叫び (※) を実況するまでが金曜深夜枠だ!

それはそうと、ぐらんぶるは原作未読なので何をどう表現したら良いか。「あんまりダイビングしないダイビングアニメ」というとあまんちゅ!と同じなんですけど(ていうか 天野こずえ先生がぐらんぶる関連のツイートをRTしまくってる )、中身は酒飲みゲロアニメだしなぁ。酒臭い金曜夜にピッタリなのでは言われればそうなのかもしれません。

表紙詐欺漫画改めオープニング詐欺アニメ。でもオープニングの詐欺っぷりでいうとぐらんぶるの方が正直上かもしれない。

さすが中山信宏P、アニプレックスに行ってもやってることが変わってない!相変わらずの謎の湯気!って思いました。2018年になってもうっかり女湯に落下する主人公。

  • 百錬の覇王と聖約の戦乙女

異世界じゃないから!これはタイムスリップですから!!でもスマホは何故か繋がるんです!!!という理解なのですが合っておりますでしょうか。

ファーストシーズン見てなくて何の前知識もなくふと観てみたら、カントク絵のキャラが画面の向こうから話しかけてくる系のアニメで中々びっくらこいた。

これ前期からの継続なんですけど脚本陣が妙に豪華、というかロックな人選でしてね。

www.animatetimes.com

雑破業脚本のルパン三世観たすぎるでしょ。今調べたら7話から10話だったらしいので追いかけなくては。あと来週8月8日は綾奈ゆにこ脚本の単発回らしく、これも気になる。雜破業および綾奈ゆにこの代表作を調べるのは各自の宿題です。

  • はたらく細胞
  • 音楽少女
  • プラネット・ウィズ
  • 邪神ちゃんドロップキック

本当に1話を観た本数だけはこなしてるんだよなー。

参考

BLITZ INDEXの雄叫びとは、Led ZeppelinのImmigrant Songのこと。

そもそもBLITZ INDEXとは、TBSローカルで金曜深夜に放送されているライブハウスBLITZ(マイナビBLITZ赤坂および旧横浜BLITZ)の告知・宣伝番組。数年前までImmigrant Songがオープニング曲として使われていた当時は力強いギターと共にやってくる「アアアーーーアーー」という雄叫びイントロが金曜深夜帯にしては強烈すぎて一気に目が覚めるため、印象に残ってる人も多いのではなかろうか。これを元ネタにした BLITZ INDEXのOPったー もナイス。

数年前までと書いたが、オープニングが変わった正確な時期は定かではない。2013年にはもう変わっていたようだ。

なおAmazon Musicでは30秒の試聴のうち、ちょうど0:15あたりから該当部分を聞くことができる。この部分を聞いただけで満足した。

Immigrant Song

Immigrant Song

YouTubeにあるライブバージョンだとそこまで強烈ではない。やっぱり元々の音源の雄叫びが凄い。

www.youtube.com

2018年4月期アニメの視聴状況

「今期何観てますか?」ないしは「今期何が面白いですか?」というFAQにお答えするための定期エントリ。もう5月も終わりそうなのですがちゃんと書きます。

前期の感想はこちら。

karia.hatenablog.jp

今見返してみると1月期は比較的当たり多かったなぁ。今期は今期で面白いのですが続編とかスピンオフが多くて、もちろん期待には応えてくれているのですがどうしても約束された勝利感が拭えなくてですね。まあ、とりあえず行ってみましょう。

継続中

ウマ娘 プリティーダービー

Anime Japan行ったときにTOHOブースにでかいキービジュアルが出てて、名前から出オチだしタイトルロゴはポップというかコミカルな印象なのに対して、キービジュアルは疾走感とかクールなイメージを全面に出していてタイトルとのギャップが凄く、「これは一体何なんだ……?」ってなったやつ。名前の通り今期のダークホースでした。

最初こそ「なんで徒競走してるの?」「ウイニングライブとは??」という戸惑いと共に観ていたものの、サイレンススズカが故障する回を始めとして史実(ゲームではなく競走馬)が元になってるんですよねっていう事を知るにつれてイロモノ感が薄れてきたような気がします。特にこの記事とか。

ch.nicovideo.jp

とはいえ今でも徒競走感は凄いんですけどね。ウイニングライブは、ここ最近の話数では存在自体忘れられてないか??

ところで原作であるところのソーシャルゲームはいつ始まるんでしょうか。

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン

これ新作か言われると非常に難しいところで、タイトルにソードアート・オンラインって入ってるじゃんと思うんですけどまったくSAOのキャラクターは登場せず別物なんですよね。じゃあ新作じゃんって思うんですけど時雨沢恵一原作でありキャラクター原案黒星紅白であるわけで、あれーどこかで見たような覚えが……?

これ全然内容の感想になってねえな。同時並行でやってるSAO2の再放送がちょうどマザーズ・ロザリオ編に差し掛かって、初見のときは比較的平常心を保てていたのですが今回お酒飲みながら観てたら号泣してました。ユウキが泣くところで無理~ってなる。アリシゼーション編も楽しみですね。

カードキャプターさくら クリアカード編

前期からの継続。2クール目のオープニングって微妙なことが多いじゃないですか、って思うんですけどそこはカードキャプターさくらの意地を見せた。ロケットビートがあまりにも良すぎるんですね。

ロケットビート

ロケットビート

曲もさることながら映像もこれまたすごい、つぼみが開き花びらがこれでもかというほどに舞う美しい映像が完全にMPEG殺しにかかってきます。ありがとうBSプレミアム。受信料ちゃんと払ってます。

本編は本編で徐々に小狼君の出番も増えてきたし突然苺鈴ちゃんが押しかけてきたりと順調な感じです。近年多い1クール前提の詰め込み型ではなく、2クールは最低でもありますよねっていう非常に丁寧なお話作りで良いと思うのですが、しかしこれは一体何クールなんですか?

あまんちゅ!~あどばんす~

今更あまんちゅについて何を書けというのだ。ARIA全話を完璧に視聴しているであろう読者の皆様におかれましては今更感あふれるわけでございます。2期に入り完全にARIA後期の王道パターンを踏襲しつつある感じで話数を積めば積むほど優勝感が増してきているのですが、7話に来てそのテンプレートを壊しにかかってきたので人生何が起こるかわからないものです。やっぱりアニメは7話まで見ないと何が起こるかわからないな!(帰宅部活動記録のことを思い出しながら)

あと驚いたことといえば、鈴木みのりがこれのOPとCCさくらEDで両A面だったこととかですかね。フライングドッグ大変そう。

Crosswalk/リワインド (あまんちゅ! 盤)

Crosswalk/リワインド (あまんちゅ! 盤)

シュタインズ・ゲート ゼロ

前期のアニメ観ててゲームやっていないので比較的まっさらな気持ちで続編、いや分岐別ルートとして楽しめる感じ。1話時点ではオカリンが普通すぎると思ったけど逆に他のキャラが平常運転すぎた。

1話以上見た

Animetickに記録付けてるのでそっち見れば全部わかるといえばわかるのですが、UIがなかなか親切とは言えずでしてね。

わかば*ガールが作中に登場したと聞き「そこまでは観ないと」と思っているのですがまだ1話止まり。今期のきらら枠(来期はフォワードの「はるかなレシーブ」が放送予定)

鬼灯の冷徹ポプテピピック鬼灯の冷徹というテンションの上げ下げが激しい土曜深夜キング枠。そういえば誰もポプテピの話しなくなったな。

こうしてみると1話時点で観ていた作品数は多い。切ったわけではなく優先度の問題で置いておかれているのです(と毎クール思っています)。

ほかに時間を消費しているコンテンツ類

なぜ積み作品が増えてしまうのか。それは簡単な話で他のコンテンツに時間を消費しているからです。ここではツイートとともに振り返ってみましょう。

こっちに書いた。

filmarks.com

このあと2回見たけど結局みぞれに肩入れしてしまって、のぞみの気持ちにはなれなかったんだよなー。テレビ版(2期)の前半も見返したんだけど、やっぱりみぞれの物語なんだよな。

イロドリミドリの2ndライブ開催めでたい。

あと3月頭にコラボキャンペーンをやったノラと皇女と野良猫ハートの「ネ!コ!」が、名曲かつ絶妙な難易度なのでついプレイしてしまうのよね。CHUNITHM入曲直前にアニメを全部見て、その結果ゲームも1+2全部やった。そりゃ新作アニメ見る時間なくなるわな。

ついでに言うとノラと皇女と野良猫ラジオも最後の方しか聞けなかったけどお気に入り。

hibiki-radio.jp

パーソナリティが種崎敦美山岡ゆり、どこかで聞いたような組み合わせですね、もうちょっと具体的に言うとのぞみと優子ですね。しかしこのラジオでは何故か2人でオリジナルのラップ曲を完成させます。なぜラップ。しかも種パイのラップが滅茶苦茶上手い。最終回でまだ聞けるはずなので聞ける人は聞いておこう。

  • オンゲキおためしプレイ

2クレだけやった(ただし1時間待った)。

レバー+3ボタンという筐体でそこまで馴染めるのかなぁという不安があったのですが実際プレイしてみたら割とチュウニズムシステムを踏襲していることもあってかすんなり馴染めました。難があるとすれば回転率の悪さと情報量の多さ(カードは一体いつ出していつ使えばいいの?とか)でしょうか。

突然2013年のアニメ。どうしてこうなったんだっけ、確かプリンセス・プリンシパルのイベントに行って、続編めでたいねってなって、そういえば司会やってた大地葉恋愛ラボにも出てたじゃんってなって、それで全話見返したんだったっけ。感想としては「ここで終わるのかよ伏線拾ってくれよ」って感じでした。

プリプリの司会はもう1人いて飯田友子だったんですが、これも2013年の作品「あいうら」の岩沢彩生ちゃんです。あいうらもうっかりアニメ全部(ただし30分で観られる)と原作全部(卒業までやる)を読み返したりしてた。

先週末ぐらいに「積み漫画を消費しまくるぞ!」ということで、アニメを見てからずっと積んでいた原作計13巻分にやっと手を出しはじめました。現状やっと薗部が出てきたところです(アニメと異なり原作での登場は結構遅い)。

あとBD特典の三者三省(ニコ生の反省コーナー)を片っ端から観てる。樋口野口福澤諭吉はまじでひどい。これもプリプリつながりで今村彩夏が出ています。

プリンセス・プリンシパル STAGE OF MISSION [Blu-ray]

プリンセス・プリンシパル STAGE OF MISSION [Blu-ray]

あれ、今期の感想よりそれ以外の方が長くないか?