kariaの日記 @ Alice::Diary

ノリツッコミの鳩子がはてなブログ書いちゃうよ

kariaの日記です。本家サイトはside=2です。Twitter ID:@karia
過去記事へのリンクとかは最下部参照。

最近のガジェットとか201802

前エントリでは今年の目標をこのように書きました。

月3本は記事を書くとか、そういうペースで行きますかね。

1月の実績は月1本(目標エントリのみ)。つまり2月は5本の記事を上げることになるわけですね。数値目標あるあるです。はい、みなさんこんにちは。

ところでこのブログは一体何なのかというと、単に思いついたことを書き留めたり日々の生活を記録したりするだけのお気楽日記帳だったはずです。SNSシェア爆発やブクマ受けを狙ってPVモリモリ稼ぐとか、そんな必要は全くありません。ないはずなのですが、気が付けば筆が遠のき、時々思い出した記事ネタは下書きに書いて後で練るつもりがそのまま放置。大変よろしくないですね。後で練ろうとするのではなく、シュッと書いてバーンと公開してしまうのがよさそうです。いま「バーンと後悔」と変換されましたが知ったことではありません。

前置きが長くなりました。その昔、定期的にその時持ち歩いているガジェット類を記録するという行為を行っていたのでした。前回いつだろうと思って漁ってみたらなんと3年前。

karia.hatenablog.jp

3年もあれば2年縛りの契約がいったい何回線満期を迎えることでしょう。実際この1年か2年ぐらいはひたすら解約を繰り返していて、持ち歩く端末もだいぶ減りました。というわけで近況。

なまえ 通信手段 役割 持ち歩く頻度
iPhone8 & NW-M505 docomo Apple Pay(Suica・iD)、音楽、ゲーム、プッシュ通知 必ず
Xiaomi Mi Max au+docomo インターネット、メール、LINE、動画再生、読書、Wi-Fiルータ、プッシュ通知 必ず
SmartWatch3 (Bluetooth) 時計、プッシュ通知、万歩計 万歩計なのでほぼ必ず
Macbook 12インチ (Wi-Fi) PCなので色々と 電車乗る以上の外出なら

前回からの変更点

iPhone5がiPhone8になった

いくらなんでも変わりすぎです。実際にはこの3年の間に、iPhone7などを経由しています。3年前当時は本当にiPod touch代わりとして使っていたような気がするのですが、その後Apple PayにSuicaが登場したおかげで「小型のおサイフケータイ対応Android」という微妙な存在を廃すことができました(詳しくは以下のエントリを参照)。

karia.hatenablog.jp

iPhone Xにしなかった最大の理由はTouch IDの廃止です。画面見て操作するための認証ならFace IDでも許せるのではないかと思うのですが、さすがにiDなどのレジ支払ではポケットから取りだしてそのままレジにかざすことも多く、Face IDにすることによって画面を見る一手間が増えてしまうのは避けたいという事情がありました。そろそろ脳波で認証して欲しいですね。

Xperia Z UltraがMi Maxになった

Zenfone2を買ったので一時的に6インチ台の端末を手放した空白期間があったような気もしますが、やっぱり6インチ台の端末欲しいよねということで再度乗り換えました。ゲーム(特に判定がシビアな音ゲー)はiPhoneに移すことにしたのですがそれ以外の用途では大変重宝しています。ごくまれにiPhone8のKindleで読書してみたりもするのですが画面サイズの小ささが辛くて結局大画面のほうに戻ります。

あとは、OSをまたぐとLINEの過去ログが消滅するクソ仕様があるので最初にAndroid端末でLINEをインストールしてしまった以上1台は残す必要があります。ところでMi Maxもそこそこ古さが否めない時期に差し掛かってきており、しかし現役Android端末で6インチ台という端末で良さそうなものがなく、ズルトラ末期に続いてまた乗り換え難民になってきています。

たぶん1年ほど前だと思うのですが、一度地面に落としてバラバラになり、さすがに買い換えを覚悟したことがあったのですが、奇跡的に液晶が割れておらず部品交換だけで元通りになったという出来事がありました。バラバラになったことで衝撃が分散したのでしょうか。なお前述のZenFone2は2回ほど液晶が割れて2回とも有償修理しました。ズルトラも割ったような記憶があります。落としすぎ。

Wi-Fiルーターを持ち歩かなくなった

docomo回線が上限10GB/月になってわざわざ別にWi-Fiルーターを利用して通信を分散させる必要性が薄れ、ちょうどWiMAXの2年満期も来ていたので解約してしまいました。時々外でYouTubeやニコ生を視聴することがありますが10GB/月を使い切る気配はないですし、iPhoneは1年ごとに機種変更しているのでバッテリーが足りなくなるといったシチュエーションもほとんど無いです。

SurfaceMacbookになった

Proではない、いわゆる「新しいMacbook」です。というのは仕事でMacbook Proが支給されるようになったのでProでなくてはならないような用途はそちらで済むのと、「新しいMacbook」が1kgを切ったことにより自分が持ち歩く許容範囲内に収まったためです。Surfaceはやはりあのキーボードカバー(のタッチパッド)に無理がありました。

今後

時計に年季が入りすぎなのでいい加減買い換えたいと思っています。乗り換え候補が少ない問題で躊躇してますが。

あとは不要端末の整理・売却を進めた結果、全く余分がなくなりコミケのレジ用端末がないという地味な問題も抱えています。久々にタブレット触りたい気分だし、電子書籍を読む機会も増えたのでiPadでも買おうかな。

2018年

2018年が始まったし目標的なエントリを書こうと思ってもう22日。

今年は当初「インプット/アウトプットを増やす」という目標を立てようかと考えていたんだけど、インプットを増やす方はもう去年後半ぐらいからだいぶ増えてきていて、漫画や小説の未読山にに遂に手を付け始めたりとか、アニメ全然観てなかったのが急に観る本数増えたりとか、実写映画を見始めたりとか、チュウニズムに手を出したりとか、とかとか。自然増というよりかは突然ドバっと増えてきた感じです。何でだろうね。

なので、今年の目標としてはアウトプットを増やす方にフォーカスを当てようと思います。もう22日も経ってこれを書いてる時点でアウトプットに関しては是正すべきだし。あと、明らかに文章力落ちてる感覚がある。SNSに書いて満足するだけではよくないなぁ(投稿するのが悪いというわけではないけど)。

月3本は記事を書くとか、そういうペースで行きますかね。うん。

アニメのエアチェックをし始めてもう20年になる話

2017年があと2週間ほどで終わろうとしています。

日本においてごく一般的に行われている事象として、その期のアニメを片っ端から録画して、1話を観た上で吟味するという行為があると思うのですが(これをアニメのエアチェックと呼びます)、私がアニメのエアチェックをやり始めてから年明け2018年1月期でついに丸20年に突入することに気づきました。

最初のきっかけはエヴァンゲリオンの劇場版(初代)が終わったことだと思います。いわゆる「エヴァブーム」の熱が一通り過ぎたあと、当時中学2年だった私は「アニメってあんまり見てなかったけど割と大人向けのもあるんだね~他のも観てみようかな~」と思い立ち、しかし当時は新聞のラテ欄しか情報源が無かったのでテレ東の夕方帯と深夜帯のアニメを片っ端からVHSテープで録画してチェックし始めたという経緯だったと思います。

それが1998年の1月期の話です。このとき新番として放送されたラインナップから覚えてるのをピックアップするとこんな感じ。

この年、林原めぐみが5枚もシングルをリリースする事になるわけですがその最初のシングルが万能文化猫娘のオープニング「Fine Colorday」でした。林原めぐみが結婚発表したのがこの年の3月末の公開録音じゃなかったかな。その後「1st LIVE」が2017年に開催されてそこでFine Colordayを歌いますよだなんて、誰が思うかって話。

  • AWOL -Absent Without Leave-

ROCKET DIVE

ROCKET DIVE

たぶんあんまり知られてないけどhide with Spread BeaverのROCKET DIVEがオープニング。当時はまだビジュアル系ブームとかあったので普通にタイアップ無しで出しても売れたと思うんだけど何故か深夜アニメのタイアップになって、OPが格好良すぎると思ったことを覚えてる。内容も含めて万猫とは対照的だったけど、こういうのも渋くていいよねみたいな。

この年はその後、ロストユニバースとかトライガンとか、良くも悪くも歴史に名を刻む作品が色々ありました。 Wikipediaの1998年のテレビアニメの項目 を眺めてみると、serial experiments lainアキハバラ電脳組まもって守護月天!彼氏彼女の事情なども同じ年ですね。「まもって守護月天!で道を踏み外した」というのはよく聞く話で、それ以降の「コレで足を踏み外した」系の代表的な作品だと「ハルヒ」とか「らき☆すた」あたりになりそうなので、その中間に期間にいるエポックメイキングな作品って何だろう……って思います。

話を戻すと当時はVHSしか録画媒体がなく、インターネットも来てなかったので情報といえば新聞のラテ欄か月刊アニメ誌に載る1ヶ月分のあらすじでした(ここでネタバレを食らうことも少なくなかった)。VHS時代は3倍モードでとにかく録画しまくって、そうするとテープあたり1本6時間(30分アニメが12〜13本分)になるので何がどこに録画されているかは順番だけメモ帳に手書きしておいて早送り・巻き戻しで探すとか、そういうリアル中二独特の勢いがありました。大学に入ってアルバイトで多少の余裕が出来、DVDレコーダーを買ったあたりからはそういった苦しみからは解放されました。その後はTorneに行くなどの紆余曲折を経て今に至ります。

割と軽い気持ちでいたけど冷静に考えて20年ってやばいな!人生の何割エアチェックしてるんだよって話です。エヴァ後からずーーーーっとはじけると言われていた放映本数バブルもはじけないし(一時的に減ったり5分アニメが増えたりはしてるらしいけど減少傾向が続いたことはない)、結局あと10年後も大量の記録媒体を抱えて過ごしてるのではないでしょうか。5000兆円分の記録媒体くれ。